ESO推奨PCを探してみました

Skyrimよりも重い!

2014年4月からスタートしたThe Elder Scrolls Onlineを早速プレイしてみました。オブリビオンやSkyrimをプレイしてきた私としては待望のMMORPGです。世界観、インターフェイス、プレイフィールはまさにSkyrimそのもの!あの自由度や世界観に魅力された人なら間違いなく楽しめます。私は毎日どっぷり浸かっています。

さて、これからESOを始めようとしているなら推奨スペックが気になるかもしれませんね。最新オンラインゲームということで、古いゲームPCではカクカクする可能性があります。まずはESO推奨スペックを確認してみましょう。

ESO推奨スペック

OS : Windows Vista/Windows 7/Windows 8 64-bit
CPU : Quad Core 2.3GHz同等
メモリ : 4GB
グラフィックボード : GeForce 560 Ti以上

これはかなりハイスペックが求められていますね。普通のMMORPGの推奨スペックはCPUはDualCoreです。Quad Coreということは、Core i7-4770が必要ってことですね。グラフィックボードは最新世代ではGTX760Ti以上です。GTX760Ti搭載ゲームPCはほとんどないので、現実的にはGTX770以上ってことでしょうね。最強ハイスペックゲームPCはGTX TITAN BLACK搭載ですが、コスパを比較すると必要なさそうです。

Addonに注意

The Elder Scrolls Onlineは世界観を重視した結果、インターフェイスが酷いことになっています。今どきミニマップがないMMORPGなんてありえないと思いませんか?頻繁にマップを開いて立ち止まっているキャラクターがうろうろしています。そんな不便さを改善するために必須なのがAddonです。Skyrimと同じように様々な拡張が可能になっています。どちらかといえばWorld of WarcraftのAddonに近いですね。

ミニマップを表示することもできますし、戦闘をやりやすくすることもできます。そんなこんなでガシガシとAddonを追加していくと楽しめるようになる反面、The Elder Scrolls Onlineがどんどん重くなっていきます。そうすると必要になるゲームPCのスペックも向上していきます。

さらに海外サーバーしかないため、日本からだと余計にカクカクします。パーティを組んだキャラクターが見えなくなってしまう現象もあります。マップがバグってどこにいるのかわからなくなることもあります。こんなバグはそのうち解消されるでしょうけど、しっかりとしてスペックのゲームPCでプレイしたほうが快適性が向上することは間違いありません。

GeForce GTX780Tiがおすすめ!

サービス開始したばかりなので、BTOメーカーにESO推奨PCはまだありません。だからユーザー側で推奨スペック以上のゲームPCを考えるしかありません。私はGeForce GTX780搭載ゲームPCを使ってESOをプレイしています。今のところかなり快適です。画質設定はすべてウルトラハイにしてもフレームレートがほとんど落ちません。多少下がることはあるので、200フレームレート維持したい方にはGTX780Ti搭載ゲームPCがおすすめです。CPUはCore i7-4770、メモリは16GBあれば大丈夫です。

調度良いゲームPCがG-Tuneにありました。私もG-Tuneのデスクトップを使っています。NEXTGEAR-MICRO im540PA5はハイスペックなのに格安ですから、ESOのために新しいゲームPCを買う方にぴったりですね。